実家がマンションで自分自身も長年そこに住んでいたので、マンションの良さは分かるつもりです。
一戸建てに住みたい理由

実家がマンションで自分自身も長年そこに住んでいたので

■ 42歳 男性
実家がマンションで自分自身も長年そこに住んでいたので、マンションの良さは分かるつもりです。

しかしマイホーム購入を決意した時に、分譲マンションのモデルルームも見に行きましたが、気持ち的には始めから一戸建て、と決めていました。

理由は様々ありましたが、一番大きかったのは我が家だけの土地を所有できる点です。
建物はいずれ老朽化して、建て替えをする必要が出てきます。その頃には、私も妻も既にいないかもしれませんが、そうなった時にそれを相続した子供が、また好きなようにそこに家を建てれば良いわけです(建物だけなら新たに買うより安いですし)。
マンションなどの集合住宅は、大規模修繕などを管理組合がコントロールしてくれて、いちいち個別にやらなくて済むところが大きなメリットですが、建て替えとなると、全戸の同意を得るために話が難航する、というようなことをよく耳にします。
土地付きの戸建ての場合、その土地を子供から孫へ、またその先へと引き継ぎ、その都度自分達で住むなり貸すなり、好きなように活用すれば良いし、もちろん売る、という選択肢もあるわけです。
この先、バブルのように土地が高騰することは考えにくいですが、逆に急落することもないでしょう。建物の価値は老朽化すれば下がるでしょうが、それと関係なく土地の価値は、一定の資産価値を保持してくれるものと考えます。
家・不動産を長い目で、子々孫々と継承できる資産と考えるのであれば、やはり一戸建ての方がメリットは大きいと思います。

話題の一戸建てについて、ここをブックマークしましょう



Copyright(c) 2017 一戸建てに住みたい理由 All Rights Reserved.